FC2ブログ
2007 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 08
大好きな作家。。加賀乙彦
2007/07/30(Mon)
    加賀乙彦。。。。私が最も好きな作家である
昭和4年4月21日生まれ 
本名 小木貞孝 陸軍幼年学校入隊経験を持つ。
東大医学部卒精神科医となり、東拘拘置所に勤務。
死刑囚と出会い、彼の研究のテーマとなる。
フランス留学を経て上智大学教授。退官し作家となる。                          
医学論文として、死刑囚と無期囚の心理。拘禁状況の精神病理。がある。
他に、ドストエフスキー。死刑囚の記録。犯罪ノート。など。
 私の加賀文学との出会いは「宣告」  新潮社  
死刑囚,正田昭をモデルとした小説である。
(出版当時に出会って もう20年にはなるのだろうか。。)
ドラマ化されたが、あの深い感動は、とても2時間では語りつくせない。
確か。。萩原健一さんだっけ??

正田氏は慶應出のインテリで、事件当時は、何か物に取りつ
かれていたのかもしれない。
死刑確定後のカレの穏やかな生活、読書欲、キリスト者としての尊厳さが、親交の深かった加賀氏により、いきいきと語られている。
カレが、執行されずに今も生きていたなら、
どんな人生を送っていたのだろう
あそこまで更正した人を事件から17ねんもたってから殺す意味が
あるのか。。と、死刑制度に対して深く疑問をもった。

上記を書いたのは もう8年位 前の事である
今再び 死刑廃止には疑問を持ちつつある
それは光市の母子殺人事件を担当する 弁護士達の態度が大きい
。。。それは 違うだろう!!・・・・・・

加賀先生の文学に共感してくださる方が 私の所に来てくださった
これから先生の文学を 少しずつ書いていきたいと思います
         
スポンサーサイト



この記事のURL | 加賀乙彦文学と その他の本 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |