FC2ブログ
2010 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2010 03
気になる・セラムコート
2010/02/27(Sat)
最近のセラムコート どうも気にいらない!!
セラムコートといきなり言われても。。。。ですが~

トールペイントには アクリル絵の具を使うのです
勿論!オイルも有り 布用 陶器用。。。と最近色々出ています

アクリル絵の具なら 沢山の色がある セラムコートとアメリカーナ

以前の本を開くと 殆どの先生はセラムコートを使っています
これを描きたい!!と思えば やっぱりセラムコート
でも 日本人が好きなシックな色は今や殆どが廃盤
描きたいお手本がなかなか描けない・・・変換ではやっぱり違うの

受けている講座でも良く使う ライトアイボリーは大好きな色ですが
新しいボトルでも「オリ」のような塊りが沢山入っている
色つきも悪く ベースに塗るには何回塗るか。。。。

キャンディバー・ブラウン イングリッシュ・ユー・グリーン・・他にも沢山
油との分離で 発色しない

講座でバラの色指定がセラムコートだと泣きたくなる
先生は上手にセラムと付き合えるのに 私が使うと2色は同じ位の色に発色しない
だからダブル・ローディングが汚い バラの色がニゴる

あまりにヒドイので 全く同じようにアメリカーナで描いてみると濁りは無い
少し固めの絵の具で 使い始めは躊躇したけれど 今はアメリカーナの方が好き

トールペイント展で ある著名な先生とお話をした時に伺ってみた
その先生もやはり同じ事をおっしゃってらした

ご自分の絵をアメリカーナに変換し 描き直したらしい
生徒さんにも薦められないって!

本当に困ってしまうよ
サイドローディングするにも 色が出ない
本来の絵の具の色が出るまで。。。。何十回塗ってもダメ

なんとか以前のようなセラムコートになって欲しい
そして 日本のユーザーの為に 優しい色を復活させて欲しいよ~

ベースにしたセラムの2401
ここまで塗るのに10回 ムラになるし発色しないし!!
桜のボード
日本の心 やっぱ「桜かな?」

高野圭子先生の桜のボード(ペイントクラフト)
ステンシルをしないで 絵に変更しました
同じ素材がないので ゴールドシールで!
桜のボード高野圭子先生

写真では 赤が強く写ってしまいました 
実物はもう少し 優しい色の桜です
初級なので ペイントクラフトを持っている生徒さんにお勧め予定
スポンサーサイト



この記事のURL | かよりんの作品 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |