2010 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2010 11
バラの絵
2010/10/25(Mon)
このところ仕事が忙しく 毎日8時間半も働いている

身体の疲労もさることながら ストレスがたまりにたまって。。。

上手く発散できないから 数ヶ月前に発症した 円形○○症が すごい事になってる

病院に行っても 薬をくれるだけ。。。
行きたい病院は混んでて 働く主婦には通えないのだ・・・・

シャンプーを買ってきてもらった
スカルプDのレディース  ロフトやデパートのみで販売
薬用 育毛だけあって なかなかのお値段であ~~る
どうなることやら

ストレス発散になっているのか?トールペイント!  そういえば
トール教室の看板 うさぎちゃんが持っているのだけど目立たないらしい
玄関に入った人が 初めて気付く

ポストのところに付けたら??と何度か言われたので
やっとこさ描いてみました
天使の羽
バラが右上にきて 真ん中には文字
教室の内容をペンで描きました

↑なんかちょっと暗いね~~~


実際は そうそう この位の色かな?? 
天使の羽 看板
2枚の写真の中間くらいの仕上がりです

教室では 4枚パネル(ブルーフラワーズ)を仕上げ
現在 6枚パネルに クリスマス画を製作中です
11月中旬には飾りたい!!の要望に 必死です

私は 小さなツリーに マツボックリ ドングリを飾りたいと思っています
ドングリにはペイントします マツボックリにはキラキラのラメ絵の具
私の教室「天使の羽」の生徒さんにプレゼント

初めてのクリスマス画 完成祝い! 絵と一緒に飾ってもらおうっと! 

次回作はお正月 1~2回で仕上がるようなのがいいね
春は桜だって!!! 素晴らしい仲間たち

スポンサーサイト
この記事のURL | かよりんの作品 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
飯盛山から鶴ヶ城
2010/10/24(Sun)
飯盛山の上 隊員が城を観た場所 城が燃えている!と勘違いした場所には
少年の像があります そこからは今でも 城が見えます 
自刃の地で手を合わせました

白虎隊の存在は海外でも感動を呼んだそうで 
この地に移住した外国人のお墓もあります 

さざえ堂などを過ぎ 山を降りると 白虎隊記念館があります
ひとつひとつ丁寧に観てきました
名だたる著名人が。。。びっくりです
白虎隊像少年隊員の像

もう一体の像は たった一人の生還者「飯沼貞吉と愛犬」

飯沼貞吉は死にきれず 山をさまよっていた処を 愛犬が見つけ出した
貞吉の母は これを残念に思い 生きている間一度も息子と合わなかったそうです
これも武士道 武士の妻 武士の母 なのでしょうか

この少年らが愛し 命をかけた城
正式名 会津若松城・・・・通称 鶴ヶ城

南門から入りました
南門

鶴ヶ城は二重の堀で 決して落ちる事の無かった城だそうです
天守閣

天守閣は現在工事中で とても残念でした
姫路城にも負けない程 美しいとされる鶴ヶ城
来年の春には修復工事も終わり 一段と美しく生まれ変わるはずです

茶室
この趣のある建物は茶室です
秀吉に追放された千利休 の子「小庵」
利休亡き後 会津藩主「蒲生氏郷」に保護され 本丸内に茶室を建ててもらったそうです

入館料とお茶(抹茶)で700円?くらいだったかな?
大雨の中だったので パスしました
茶室ですから お庭が素晴らしいのでしょう

福島 もう一度行きたいです!
お城が完成する頃 行きます

猪苗代湖も雨の中見えたのですが 大きくてビックリしました
海です!あれは   なんか怖かった~~

充電切れのカメラと大雨 残念でしたが とても良かったです

ストレスの多い生活の中で 円形○○症がどんどん深刻化して苦しい中
パパと娘が 私の気分を盛りたててくれた事に 感謝です

この記事のURL | かよりんの日記・ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
会津若松 白虎隊の墓
2010/10/17(Sun)
朝 5時半に出発  加須から東北自動車道にはいる
途中のSAは殆ど制覇 東北道ばかりだなぁ~~

白虎隊のお墓参りには絶対に行きたかった

まずは喜多方市に向かい 角やさん
喜多方ラーメン私は何故か??タンメンであるタンメン
志村ケンさん扮する ひとみばあちゃん。。みたい。。。だって だって 顔じゃないよ
味は美味しかった ひとみばあちゃんが作っているんだよ!!

飯盛山2白虎隊の墓 飯盛山です飯盛山
日本の武士道に感動した外国から贈られた塔 2次大戦に壊された

飯盛山5昔とそう変らないのかな~ この佇まい飯盛山3
飯盛山6白虎隊この穴からは すざましい勢いで水が流れていた
雨だたから余計なの??信じらない位 怖い  水の流れでした

そしてこの洞窟 白虎隊の子供たちが 敵から逃れやっとここから出たそうです

写真が多かったので 鶴ヶ城は次にしましょう

白虎隊!!あと16日待ったら 明治維新だったの

もし命があったとしたら 彼らはどう生きたのだろう
この記事のURL | 家族旅行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |