2012 01 ≪  02月 1234567891011121314151617181920212223242526272829  ≫ 2012 03
ありがとう
2012/02/12(Sun)
今日 友達が来てくれた

ヒメにお線香をあげてくれたのだ

普段はご無沙汰ばかりの私だけど 何かあると ついついメールをしてしまう

申し訳ない気持が一杯なんだけど

いつもと変わらず 沢山の笑いと元気をくれて 心が温かくなる

子育ての真っ最中に いつも一緒にいた

短い期間だったけれど 濃厚な時を過ごした友達

近くに住みながら なかなか会えず 友達って思っていてもいいのかな?なんて

いつだったか ブログにも書いてしまったけれど。。。

ちゃんと読んでてくれて なに言ってるの!と 嬉しい言葉

話したい事 一杯 一杯あるんだよね

だけど 年とったのか。。。愚痴ばかりになってしまうよ

だから 話せなかった 沢山の話

変わらない2人のお陰で 元気が出てきたよ ありがとう!

話は変わるが 
私には 好きな言葉がある

   与えて思わず 受けて忘れず

私はこんなにやってあげたのに!と思う事あるよね

自分は何をしてもらったのか・・・すっかり忘れて

失って はじめて解る事

  自分だけが正しい 自分が一番

そうじゃ無いんだよね

相手がどの位 ありがとう!って思っているか?心の中は解らないのに

「感謝が足りない」って いわれたら その感謝をどう表せばいいのだろうね

ずっとずっと 考えているけれど 凡人の私には解らない 


スポンサーサイト
この記事のURL | かよりんの日記・ひとり言 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
もう一週間過ぎた
2012/02/10(Fri)
ヒメが亡くなってから 一週間たった

毎日 お線香を焚き モモの分と一緒にごはんを供える

私たちの食卓には ヒメの可愛い写真を飾った

時々 写真のホッペを撫でる

ヒメが家に来てからというもの 幸せが事が沢山やってきた

小さな体でパワーを一杯くれたのだ

高校合格のお祝いに!と家に来たヒメ

ヒメが来てから 1人っ子の娘は何故か??「お姉ちゃん」と呼ばれるようになった

団地でペットを飼うのは禁止だった為 マイホームを考え 厳しいながら手に入れた

なにか いつも前向きに生きるヒント、、、きっかけ?をくれた子だった

ヒメが亡くなった日 訪問者があった

いつもはインターホン越しに断る私だったが なにかピンと来て応対した

我が家にとって もしかしたらとてもラッキーな事

ヒメが最後に私たちにくれたプレゼントかもしれない。。。そう思った

その話が上手くいくかどうか?は まだ解らない

でもきっと ヒメが呼んでくれたと思う

ママ(私)が 1番心配している事だから

諦める前に色々やってみよう

先入観や古い知識 どうせ○○なんか。。。の考え方は 絶対ダメだ

そうだよね ヒメちゃん

良い結果が出るように ヒメちゃん 見ててね
この記事のURL | かよりんの日記・ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お別れ
2012/02/04(Sat)
我が家には可愛い2匹のシーズーがいます

「ヒメ」と「もも」 11歳9カ月のヒメ 6歳のもも

おとなしいヒメは 吠える事など全く無い
白雪姫のような子
食も細く 私たちが食べてみせないと決して口にしません

ひめちゃん

体調が悪くなり食事をしないので 
野菜 肉を煮て ジューサーでペースト状にして与えていました

手作りの食事が大好きな子なので 驚くほど食べて回復を期待しました

2日間仕事を欠勤し(急用。。。と)殆ど寝ないで看病しましたが
2012年 2月3日 節分の朝 天国に旅立ちました

いい湯だなぁ~

ブラシッングして カットして リボンをつけました
天国で元気に遊べるように 足の毛を綺麗にしてツメも切りました

急いで小さな袋を縫い オヤツとフード 小さなコービーちゃんを入れました
お腹が空いたら食べられるように ポシェットにして首にかけました

ヒメが一番似合う 黒いレースのドレスを着せました
本当に「お姫様」みたいに可愛い

お花もヒメにぴったりの ピンクのバラ チューリップ ガーベラ

綺麗な顔のまま 可愛い顔のまま あの子は天使になりました

霊園でお葬式をして お別れしました

あの子の為に作った家の中の祭壇
ずっとお線香を焚いています

お線香の煙に乗って 天国にいけますように!
いつか私たちが天国に行けたなら きっと迎えに来てくれる事を願ってます

泣いてばかりです

沢山の愛を 癒しを 笑顔を ありがとう

私の家で良かったのか?と悔いばかり残りますが
こんなに泣けるほど あの子を愛したので 
きっと「幸せだったよ!」と言ってくれるでしょう

ずっと忘れないよ 家に来てくれて!ありがとう

ちょっとだけ さようならしようね

そしてまた 会おうね

その日まで ママ達は一生懸命生きるからね 

ヒメちゃん 見ていてね

この記事のURL | かよりんの日記・ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |