2014 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2014 04
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サイドミラーに 小さな青い鳥
2014/03/23(Sun)
不思議な出来事

家の側を圏央道が通っている

高速道路の下は 小さなトンネル・・なんて言えばいいんだっけ?

鳥の巣とかもあるのかな~

高速道路と下の道路が平行しているのだけどね

いつものように走ってて 信号で止まった

何かが運転席に向かってきたよ

   え?何?鳥???ぶつかってくるの?

   小さな青い鳥だったよ その鳥 何を考えたか??んな訳ないんだけど

   サイドミラーに止まっているの 逃げないのよ

   信号待ちが終わって発進したけれくてど それでも留まっているから びっくりしたよ


ダンナと娘 以前にも同じ事があったんだって

あの「青い鳥」 ちょこちょこやっているのかな~?

他にも あの鳥がサイドミラーに!っていう運転手さんがいるのかな

   縁起担ぎが好きな私としては 青い鳥は天使のお使いなんてふうに

思いたいんだけどね~

丁度そのころ 娘の転職先が決定間近だったから

  小さくて可愛い青い鳥  もう一度会いたいな
スポンサーサイト
この記事のURL | かよりんの日記・ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アナと雪の女王
2014/03/19(Wed)
    アナと雪の女王

    観て来ました  最高でした!

松たか子さん 歌うまいね~🎶  いったい どれだけ声が出るの?

ファルセットじゃない 地声だ   声量もすごい 

松さんの歌を聞いた後だと MAY・Jも上手なのに 迫力に欠けるような気がする

 同じ曲でも 違った場面 違う歌い方 違う歌い手 比べるなんておかしいか

神田さやかさん お母さんの声と 瓜二つ  やっぱり歌が上手

ピエール滝さんのオラフ 面白かった  


ディズニーと言えば 美しい絵だよね~  

エルサが歌いながら 橋となる階段を架け 氷の城を作っていく所は特にすごいよ

友達と4人で観たけれど 4人ともが満足だった


最寄り駅前で 映画が観られるなんて 本当に有難い

一度行くと 次はこれを観よう!って思うもん 宣伝も上手だ

月末は「ワンチャンス」  それと字幕のアナも観たいのだ


この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お墓参り
2014/03/15(Sat)
昨日 実家に電話したら 誰も出ない

足が悪い母 慌ててはいけないから 呼び出し音を長く鳴らす

おかしいな 父も出ない


父親の携帯に電話してみた

こちらも焦るだろうから 長く呼び出す

やっぱり出ない

心配になってきた


しばらくしたら 私の携帯が鳴った

「電話 くれたのか?  俺たちは今 カラオケに来てるんだ」

良かった 良かった 元気でカラオケ🎶

嬉しくなって 笑ったよ


今日はお彼岸より早いけれど 祖父母のお墓参りに行ってきた

両親はもう行けないので 私たちの恒例行事になっている

いつもパパが言い出してくれる 欠かさず行ってくれる

有難い  私の両親も 家のパパに心から感謝している


  おじいちゃん!おばあちゃん!いつもありがとう

お線香の香りで心が落ち着く

両親は 祖父母の享年をとうに越し あちこち痛みながらも元気にカラオケ

  3~5分咲きの梅の花 やっぱり春なんだね
この記事のURL | かよりんの日記・ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ジョバンニの島
2014/03/09(Sun)
  日本に帰ろうよ~~~

このCMは聞いた事があった

音楽事業推進・・・50周年記念作品 


北方領土の問題を取り上げたか? シベリアでの捕虜問題か? 違うらしい

  故郷を奪われ 二度と帰れない苦しみ というテーマのようだ

終戦直後ロシアに進駐され 奪われた日本の島 色丹

戦争に負けた日本 主に戦ったアメリカではなく 旧ソ連  なんか汚い手口だ

ロシア人の子供と日本の子供 大人にはない清らかさが 小さな交流を生むが大人に引き裂かれる  

隣り合わせの教室で カチューシャと赤トンボの歌の交換が 嬉しくも悲しくもあった

    絵はとても綺麗だった

当時のシベリアの町並み 雪の中の収容所 色丹島の自然 どれも素晴らしい絵

  声優として豪華な役者さんが出演

漁師のじいちゃん 北島三郎氏が実に良い味を出していた 後で解って びっくりした

市村正親 仲代達也 流石でした


宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を ちゃんと読んでおけば良かったな

小さなカンタは 銀河鉄道に乗って 花が沢山咲く明るい終点に向かった

先に終点に行っているお母さんが 手を振って待っていてくれただろう


吹雪の林の中 知らない他国での行動 ストーリーに少し無理があったかな?

死ぬ前に父に会えたというべきか  いや 

肺炎なのに父に会いに行ったから死んだんじゃない?なのか・・・

過酷な出来事を 柔らかくオブラートで包むと こうなるのかな~    





この記事のURL | 映画 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春はそこまで
2014/03/07(Fri)
大雪に埋もれた。。。というより 雪かきの雪捨て場所がなくて

バラのコンテナに積み上げられた

私のバラは終わったのね~~と思っていたけれど

雪がとけたら多少の枝折れはあったものの 無事だったし

ずっと凍っていたブルーベリーに至っては 折れかけた枝もピンと伸ばし!!!

    感動する  強いね  負けないんだもん

3月から 娘が転職した

今まではチャリで通勤できる距離だったのに

今度の勤務地は なんと 突然の「六本木」

出勤時間が遅いから 朝も楽らしいけれど2時間はきついよね

毎朝 私のお弁当を持っていくのは変わりなし

  どんなに嫌な事があっても 仕事場所は違っても
  
  家族3人は毎日同じお弁当を食べるているんだよ つながっているよ
  
   だから 頑張って仕事しようね!  パパと娘に言っている


雪にも負けず 新しい芽を出し始めた 家のバラ達やブルーベリーのように 

少しづつでいい

今まで培った知識や経験を生かして 前に進んで欲しい 

娘がいくつになっても 心配症な母である

明日は 久しぶりの映画  娘と二人 



  
この記事のURL | かよりんの日記・ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。