2014 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2014 06
電車が止まった!人身事故!ちょっと待ってよ! 
2014/05/27(Tue)
娘が都内通勤になってから 朝は緊張する

何故?東上線は 人身事故が多いのだ

まさに今現在 電車が止まってる  娘は池袋で足止めをくっている 

   原因を作ったアナタへ

生きていれば楽しい事より辛い事の方が多い

一体どれ程の苦しみなのだろう

それとも精神的に弱ってしまっての行動なのか。。。

忙しい朝のラッシュ時間  帰りの時間を狙って行動を起こす

この世に対しての恨みか?沢山の人に迷惑くらいかけてやろう!的な人身事故

  生きたくて必至に病と闘っている人達

  幼い子供を遺して 力尽きる若き親

  年老いて尚 子供に迷惑をかけまいと 健康管理する親たち

あなたのいらない命  こういう人達にあげられないのだろうか

誰かの為に 生きていく事はできない?

誰だって一度や二度 死んでしまいたい程の苦しみを知っているよ

    自ら人生を終わらせてしまった人は 来世でも同じ人生をやり直しとか。。。

今苦しくても 来世では違った人生を送れるように 

そして何より 愛してくれる人を泣かせないで!!!

残された人が思い出すアナタの顔は 笑顔じゃないから!

裏切られた悲しさと 気付いてやれなかった事への後悔

二重の苦しみを人に与えて 自分だけ楽になれるのか?

人に弱みを見せてもいいじゃないか 誰かに弱音を吐けばいい

格好よい人生なんか そうそうないよ・・価値観の違いで 格好良さも違うじゃん

今日もまた電車が止まったね~・・は・・・・イコール・・・・誰かが命を絶った

腹も立つけれど 切ないよ

スポンサーサイト
この記事のURL | かよりんの日記・ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
続 私のバラ
2014/05/15(Thu)
ヘリテージ     ラベンダー・ドリーム
 
ダービー   ジュリア
  
ピンク・フレンチレース   ブライダル・ピンク
  
ロンサールのアーチすぐ後ろにマダム・P・オジェ エブリン P・G・ドルスト ブルーベリー

アンジェラ   アンジェラ2

アンジェラ これでも満開じゃないよ~ すごい!
ポストの左は サマー・スノー P・オースティン ザ・プリンス 夢乙女 下にはグリーン・アイス

アンジェラの左横には バロン・G・ラン G・トーマス

まだまだ あるのだ  写真映りがイマイチの赤いバラや ダビンチみたいにチャンスが無いバラなど

物忘れも出てきた私 家のバラはノートにメモしてあるよ

小さな庭に 47種類のバラが片寄せ合っているのだ

風通しも悪いはず 腰痛が少しおさまったら 手入れしなきゃ!!だ



この記事のURL | かよりんの薔薇・クレマ他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
気になるから 目につくの?病気の名前
2014/05/12(Mon)
天使や神の導き?みたいな事ってあるじゃない?

パソを開くと 脊椎狭さく症 漢方薬で治すの宣伝

テレビをボーっと観ていると 白内障・緑内障・加齢横班変性の番組

気をつけなさい!と教えてくれているのかもしれないが

結局は自分が気になっているから その文字がド~~~んと飛び込んでくるのだと思う

今 腰から股関節 おしり 太もも 異常な痛みに泣いている

2年くらい前にもあった その時は 股関節が悪いのかと思ったが 実は腰からきていた

何番目かの軟骨が潰れそうに すり減っているのだ

痛み止めの点滴を受けたが 中々改善されず そのうち激しい痛みは治まった

また激しい痛みがきて 階段昇るのがきつい 夜も眠れない

モーラステープ アリナミンEX 色々試しても痛みが取れない


目の方は 右目に異変を感じて 1か月

高い目薬を買ってみたり 真ん中が歪まないか?真ん中に黒い点がないか?自己流検査してみたり

あ~~不安な毎日だった

結局 怖いだけでない 病院嫌いもあるし 仕事を休む事が勿体ないのもある

  今日は思い切って休んで 病院へ行った

眼科・・・加齢による白内化は多少あるが 白内障では無い

     詳しい検査は瞳孔を開く薬を使ったあと行う

     5時間位違和感があるというので 今回はパス

     視力が落ちてきたので 裸眼に老眼鏡だけでの生活は無理 目に負担がかかり過ぎ

     アレルギー性の結膜炎にかかっている事が解って 目薬2種類頂いた

整体 ハリ・・狭さく症では無かった・・・・それなら痛くて持続して歩けないらしい

       以前 左足前十字靭帯断裂で移植手術をしているせいで 左足を庇うクセあり

       左足の方が短い 骨盤が歪んでいるのだった

       今日は電気治療とマッサージ  経過をみてハリ治療にいくかもしれない

早期発見 早期治療が最も大事  

そんな事は解っているのだが 仕事を持ち それも生活がかかっていれば

ついつい 自分の事が後回しになってしまう

それで困るのは やっぱり自分なのだが・・・・・

心配は少し晴れた  白衣の人の癒しの力は大きい

今日の2人の医者は とても親切だった

二度と会いたくない 偉そうなバカ医者もいるよ・・・・
この記事のURL | かよりんの日記・ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
咲き始めたよ~
2014/05/11(Sun)
咲き始めた 私のバラ達

写真だけ ズラーと並べます   バラの名前は写真に合わせると出ます

ミサト  シャンテ・ロゼ・ミサト

パット・オースティン  セントセシリア

アイスバーグ エブリン

テプリッツ  グリス・アン・テプリッツ

ロンサール  バロンジロード・ラン

まだ咲いていないのや 紹介していないバラもある  

アンジェラが恐ろしい程 つぼみを付けている

満開になったら またアップしたいな~
この記事のURL | かよりんの薔薇・クレマ他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鉄窓の花びら 死刑囚へのレクイエム
2014/05/07(Wed)
高橋良夫著 「鉄窓の花びら」 死刑囚へのレクイエム

この本に出合ったのは もう15年程前になる

図書館で借りて読み 色々考えさせられた本であった

手元に欲しくて 何度か探したが タイミング悪く入手できなかった

法学部だった娘が 死刑囚・死刑について調べる為 大学の図書館で借りてきた時は驚いた

やっと手に入ったので また読んでみた

加賀先生の本に親しんでいたので 死刑囚の事も色々調べていた私は

この本の登場人物についても 心あたりがある


拘置所長をしていた著者は 死刑囚との交流を体験し 死刑制度の疑問を訴える

極悪人である 人間としての情を持たない 更生はあり得ない!と死刑を求刑された彼等

死刑が確定すると 直後は様々なパターンで精神の異常をきたすらしい

しかし。。。

人間じゃない!と言われた彼等は そこから奇跡のように人間に生まれ変わるのだ

どうやって?

救いの手を差し伸べてくれる人がいる

正田昭には 洗礼をしてくれた神父様 老母・クリスチャンの可愛い人・教かい師・加賀乙彦先生・・

永田洋子には 父や同志の植垣氏 瀬戸内寂聴さん。。。。の ように。。。

そして 写経であったり 仏教であったり キリスト教だったり

いつ殺される(死刑執行は突然)のか解らない 極限の恐怖の中

半分は死人のような自分を その内面を深く掘り下げ 客観的に分析する

自分を許す事によって 人の痛みを知り 自分の罪の重さに愕然とするのだ


著者は彼等死刑囚の人格変化を 間近に見てきた

執行に立ち会う事も もちろんあった

娑婆の人間よりも人間らしく 心根まで更生した人間を  

執行まで今日か?自分か?と毎日苦しめたあげく 残酷に殺してよいのか。。。と思う事も多かったという


被害者にしてみれば 犯人は憎い   許せるものではない

刑の確定から6か月以内に執行。。。という法律(今は?)

昔も今も守られていないじゃないか? 

もし誤認だったら? 冤罪だったら?

死刑執行後では取り返しがつかない  法務大臣だって人間 怖いだろう・・

執行のサインとハンコウは 「人を殺せの命令」だからね! ある意味で殺人である


5年 10年 更生するには十分な時間があるのだと思う

最後まで 極悪人のままの犯罪者もいるだろうけれど。。。



加賀先生の「宣告」と同じくらい 何度も読んでいる本である

 

 

この記事のURL | 加賀乙彦文学と その他の本 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
偶然知った 江口きち という 歌人
2014/05/05(Mon)
昨日は娘が北海道 網走政務所見学ツアー

急に決まったから 早朝の飛行機  朝3時起きで空港行きのバス停まで送った


そのまま寝ずに7時頃 パパと2人で川場田園プラザに向かった

以前のリベンジ  またまた早く着きすぎて待ちきれず^^^

小さい子供がいる人には良いのだろうね~

看板を見ても たいして食べたい物も無し

川場観光協会は面白い事をしていた

カルタのように 観光場所を案内しているのだ

  歴史資料館  に 行ってみた

小学校を移転させて保存しているのだ  二宮尊徳の石造が懐かしい


実父の故郷 長野とよく似ている

家の2階に 蚕を飼っていた 都会から行く私達兄弟が「気持ち悪い~」と言うのを制し  

大事な虫で絹糸になるのだと 従妹が教えた 「お蚕さま」と呼んでいた

川場も同じように 暮らしを潤してくれる絹糸生産 蚕に様を付けていたようだ

資料館に ある歌人  「江口きち」の遺品なども展示されていた

  21歳で服毒自殺を計った

歌人など誰も知らないけれど 自筆の歌をみていると胸に詰まるものがあった

若いのに苦労した後 障害を持つ兄に毒を盛り 綺麗にしてから自分も服毒

死出の旅の為に 絹で純白のドレスと 真っ赤なバラの造花を自らの手で作り

吐しゃ物で汚れないように 洗面器に顔を突っ込んで 最後を迎えた

2作の辞世の句には 文字も乱れもなく 覚悟の死だったという


あまりの潔さに 驚いた 

自殺が良いとは言えない そこまでの覚悟があるのなら その若さなら

何故? 死ぬ思いで頑張れなかったの?と 彼女の遺品に問うてみた

21歳 丸顔で真ん丸目 眼鏡をかけて 微笑む江口きち

苦しい生き方の中で生まれた「歌」は とても優しかった


あちこち痛い ダメだ どうしよう。。。いい歳した私が なんだか恥ずかしい

川場の方に行ったなら ほんの少し足を延ばして観て欲しい(車で5分)

何か感じる 何か得る  だから歴史資料館って好きなんだ 
この記事のURL | かよりんの日記・ひとり言 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |