2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
パット・オースティン
2007/05/13(Sun)
強い陽射しの中
太陽に負けない位の色で勝負できる
輝くオレンジ色 いつも元気をもらう
パット1

パット2

パット3
・・嫌な事があった時
いつもパットの色に励まされる 力をくれる薔薇である

父の病院 患者や患者の家族を上から見下ろし
小馬鹿にするような医者に出会った
患者の権利を病院中に大きく掲げている 大きな病院である
患者の「知る権利」。。。。そしてそこには必然的に 
医者の「知らせる義務」が生じる事になるよね
もっと強く意識しなくてはいけないだろうに!

チャングムやホジュン・・・・
ドラマの主人公ような医者は いないだろう
だけど「心医」を心がける医者は居て欲しい
自分には 沢山の患者の中の一人かもしれないが 
どの患者も家族にとっては かけがえの無い一人である!
という事を 知って欲しいし 思い出して欲しい
自分の親だったら?自分の子供だったら?どういう治療をするの!
頭もあって心もあるのに お金が無くて医者を目指せない人 多いよね
こういう世の中って やっぱりオカシイ
・・・病室に血相を変えて怒鳴り込む??ような態度^^^
   あなた!医者としてより 人間としても最低だね!フン

・・・・失礼しましたぁ~~本日 かなり腹が立ったので・・・へへへ
   
    

スポンサーサイト
この記事のURL | かよりんの薔薇・クレマ他 | CM(4) | TB(1) | ▲ top
コメント
- ほんとうに -
心で治療してほしいですよね。
こちらの立場がすぐに行動に出ないことをいいことに
医者が優位みたいなの許せない。
ドキュメントの病院ものかなり読んだので
いろんな世界があるんだなぁと思っていましたが
かよりんさんも嫌なことがあったのですね。

私のおじとおばも入院中に亡くなり
病院の態度に家族,親戚は悲しい思いもしました。
あなたの家族がここに患者としていたら同じことを言いますか?
みたいなの、おもいますよね

でもバラに元気をもらうって分かります。
たくさん癒されて
やっぱりかよりんさんは太陽のように
いつも笑っていてほしいです。
2007/05/13 12:24  | URL | さきこ。 #3cXgguLU[ 編集] ▲ top
- 嬉しいなあ~ -
さきこ。さん 悔しい思いを解ってくださって・・・・
さきこ。さんも悲しい経験をなさったからですね
本当に救われます ありがとうございます
先生に告げ口した形になった看護師さんは 父に謝りに来たそうで・・・
その医者は 最後・私におだてられたのが良かったのか 
普段はニコリともいないくせに 朝の回診では上機嫌だったそうです

東大出のエリート医らしいです
頭ばかり大きく育って 心はまるで「ノミ」のようなのでしょう
いつか医療ミスや 患者からの告訴・・・なんて・・あるかもね!と思ってしまうわ
父が退院したら もうその病院とは縁を切ります!

それにしても 薔薇はいいですね~
花に鼻を^^^香りをクンクンするだけで もう幸せです
切花をアレンジして父に届けたら 綺麗に咲かせた!と誉めてくれました
おじいちゃんでも 花には癒されるかな?
・・・そうですよね!笑っていなきゃね・・・・・・
憂鬱を笑い飛ばして また元気になりますね

いつも優しいコメントを ありがとうです
2007/05/13 21:14  | URL | かよりん #-[ 編集] ▲ top
-  -
かよりんさん、入院すると医者や看護師さんと接する機会が増え、その人間性がストレートに伝わるよね
あまりにもストレート過ぎて病院ってこんなところだったんだって知るチャンスが入院
入院の経験をすると、病院に対するイメージがガラリと変わり、3ヶ月くらいの長期の入院すると病院の内情がよくわかり過ぎてしまいます

患者は治してもらっているという気持ちが強いので つい下手になってしまうし
看護師さんや医者はしてやってるんだぞーーっていう態度
ほとんどどこの病院も同じのようだね

まあ 病気が治るまで我慢するしかない
上手に看護師さんや医者と付き合って 早く治してもらうのが一番!

病気さえ治ればこっちのもんだ!

綺麗なオレンジ色の薔薇
花っていいね
いつでも 花をみてるだけで心が癒されます。。
2007/05/13 21:43  | URL | 絵子 #Bd7P4hGI[ 編集] ▲ top
- ほんとだよね~ -
絵子さん おはよう
いつもありがとうね 本当にその通りだよ
ヘタに文句みたいな事を言えば 父の立場が悪くなる
言わないでいれば後で後悔するかも。。。。
ストレスがいっこうに減らず 胃潰瘍には良くないよね
一体なんの病気で入院&手術をしたのか?
時々わからなくなってしまう 本病は経過良好なので良かったけどね~

川越に全国でもかなり有名ば病院があったの
絵子さんのような玄米菜食 気功を取り入れ治療するらしいよ
元「ガン研」の院長先生が建てた病院とか・・・
1度父を連れて行きたいと思っています
また1週間^^^^早く一日が過ぎ去って欲しい
絶食の日々は辛くて長いよね
2007/05/14 07:35  | URL | かよりん #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kayorin.blog36.fc2.com/tb.php/237-898683ac

- ホジュン -
ホジュン許浚(ホ・ジュン、??、1546年 - 1615年)は、李氏朝鮮時代の医者。『東医宝鑑』の著者として知られる。本貫は陽川、字は清源、号は亀巌。生涯父許?と母一直孫氏の間に庶子として生まれた。出生地は諸説あって定かではない。父と祖父の許?はとも …
2007/05/16 09:32  まいのblog
| メイン |