FC2ブログ
2019 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2020 01
ハリーポッター最終章 あらすじ4
2011/07/03(Sun)
ハリーヴォルデモート
 名前の色分けでセリフを読んでください

分霊箱はもうない 残っているのはお前と僕だけだ
 一方が生きる限り 他方は生きられない
 2人のうち どちらかが永遠に去る事になる

 もうお前は誰も殺せない 僕はこの人々を傷つけるのえお阻止する為に死ぬ覚悟だった
 母と同じように この人々を守った
 お前の魔法は完ぺきじゃなくなっている それが解らないのか?


 フン バカげた事を!
 今お前を救うものが愛でないなら 俺様には出来ない魔法か?
 それとも強い武器でもあるのか?


 両方 持っているさ
 ダンブルドアはお前の命令で殺されたのではない
 自分の死に方を選んだのだ しかも死ぬ数カ月も前にだ
 お前が僕だと思っていた ある男と示し合わせていた
 セブスル・スネイプはお前のものではなかった
 ダンブルドアのものだった

 お前が僕の母を追い始めた時からダンブルドアのモノだった
 スネイプの守護霊は僕の母と同じ 牝鹿だ
 スネイプは子供の頃から全生涯をかけて 僕の母を愛した


 ・・・・・ニワトコの杖・・・・の真実

 ダンブルドアはスネイプが真の持ち主になるように仕向けた
 俺様はハリーよりも早くその杖に辿り着き スネイプを殺した
 ニワトコの杖は俺様のモノになったのだ   


 その杖は本来の機能を果たしていない
 お前は殺す相手を間違えたのだ
 スネイプがニワトコの杖の真の持ち主になった事は 一度もない
 スネイプはダンブルドアを殺していない 計画だったのだ

 杖は魔法使いを選ぶ
 ニワトコの杖は ダンブルドアが死ぬ前に 新しい持ち主を認識した
 その杖に一度も触れていない者
 新しい主人は ダンブルドアの意志に反して 杖を奪った・・しかも何も知らずにね

 ニワトコの杖の新しい持ち主は ドラコ・マルフォイなのだ


 俺様は お前を殺してからドラコ・マルフォイを始末してやるさ

 遅すぎたな 僕が先にやってしまった
 何週間も前に 僕はドラコを打ち負かした
 この杖はドラコから奪ったモノだ・・・(サンザシの杖を振ってみせる)

 お前の手にあるその杖が 最後の所有者が「武装解除」された事を知っているかどうかだ
 
 もし知っていれば ニワトコの杖の真の所有者は僕だ


   アバタ・・ケダブラ・・・・

   エクスペリアームス 二つの呪文が衝突した

         ニワトコの杖は 真のご主人様の元へ向かった
 
         自分が殺しはしない ご主人様の元へ

ヴォルデモートがはなった「アバタケタブラ」ははね返り 自分に当たった

ありふれた最後 あっけない最後 ヴォルデモートは死んだ

・・・・・ダンブルドアの肖像画に向かって報告・・・・・勝利の後のハリー

   よみがえりの石は禁じられた森のどこかに落とした
    
   ニワトコの杖は 僕が自然の死を迎える事によって効力が消えるよう元の場所に返した

   魔法のマントだけは先祖の贈り物として持っている事

ニワトコの杖を使い 折れてしまったハリーの杖(柊と不死鳥の杖)を直した

   終わり

作者 J・Kローリング  日本語訳。。松岡佑子氏

            両氏に敬意と感謝を込めて
スポンサーサイト



この記事のURL | ハリーポッター | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kayorin.blog36.fc2.com/tb.php/483-668e8c57

| メイン |